早寝早起から健康的な生活に近づける

健康的な生活をしようとして、早寝早起を心がけている人もいるようです。
ですが、そういった規則正しい生活をしたいと思っていても、なかな出来ないのが実情ではないでしょうか。
健康的な生活をしなければならないと分かっていても、忙しかったりするものです。
普段から運動をしていない人の中には、運動不足になっている場合もあります。
すぐに;運動不足が悪影響になるということではありませんが、健康的な生活の為には適度な運動は必要なのです。
そう考えると現代社会の中で生活していると、思った以上に規則正しい健康的な生活をするのは難しいのかもしれません。
ですが早寝早起きにはコツがありますから、健康的な生活に近づけることは出来るのです。
ちょっとしたコツでも、普段からどうにかしたいと考えている人は試してみることをおすすめします。
太陽の光が入ってくるように、カーテンを少し開けた状態で寝るのです。
朝日が昇ってくるとカーテンの隙間から光が入り込みますから、それによって目覚めることが出来ます。
いつもはなかなか早起きが出来ない人でも、太陽の光を浴びて早起きすると仕事に行くまでの余裕が違います。
単に光を浴びることが重要なのではなく、明るい光を浴びることが重要なのです。
ですから太陽の光が入る隙間を空けるために、カーテンはしっかりと閉めて寝ない方が良いのです。
起床が出来るようになると、今度は夜の寝付きも改善してきます。
早寝早起きでは眠くないので寝られないという人もいるでしょうが、光を浴びて起きると「メラトニン」の分泌が止まります。
ですが時間が経って夜になる頃にはまた分泌が始まるのです。
このメラトニンによって夜は眠くなりますから、早寝早起きがしやすくなります。
太陽の光を浴びるのが無理な場合は電気でも効果はあるので、明るい光を浴びれば良いのです。
夜寝るときはしっかりと暗くすることで、メラトニンの働きも良くなり寝付きが良くなります。
光をコントロールすることで、早寝早起きが実践しやすくなるのです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.